気まぐれの名無し男ー生物学への挑戦

Twitterもやってますが長文が載せられないのでブログもはじめました(n回目)。元来だらだらと書く性なのでブログくらい文を凝縮せずに書こうと思う。見る方は辛抱してください。興味ある学問は生物学なので、それに付随した話をしたいし、趣味はオルガン(を聴くこと)なのでその話もしたい、映画のことも話したい、が結局テキトーに書いていくことになろう。普段の更新率は低く、長期期間中にまとめて一気に書くことになる。

ブログタイトルの意味

①名無し男

これは私がセルジオレオーネ監督の作品、特にドル箱三部作のクリント・イーストウッドが好きだからである。どういうことかというと基本的にドル箱三部作の主人公(イーストウッドが演じる)は寡黙であり自ら名乗り出さない。(*)「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン For A Few Dollars More」(特にこれがお薦め)「続・夕陽のガンマン The Good, The Bad and The Ugly」でそれぞれジョー、モンコ、ブロンディと呼ばれているがいわばこれはあだ名にすぎない。

* 「ウエスタン Once Upon A Time In The West 」ではブロンソンが主人公だが、その彼はハーモニカを弾く(ことがトレードマーク)のでシャイアンからハーモニカと呼ばれるが、これもイーストウッドの名無しの男にスタンスは近い。

よってこの名無し男をブログタイトルに使わせていただいた。しかし、である。今気づいたことは私はS.A.Bという名でブログなりTwitterをやっている。つまり名無し男というのは矛盾ではなかろうか? そう思ったが、名無しには次の意味がある:

 ・名前がないこと。・有名でない(=無名の)人物であること。

後者であれば矛盾しないのではなかろうか。それに「名無しの」というフレーズには権兵衛、すなわち名無しの権兵衛というではないか。それなら良しだろう。

②気まぐれの

私は気まぐれである(多分)(テキトー)。英語ではwhimのように言うらしい。もっとも私はこの単語聞いたことも見たこともないが、まあそう書いてあることだし4字なので使いやすい(kimagureよりは使いやすい)ということでこれをidに含んでいる。

③whim_sab9

9は私が1997年平成9年の苦(く)に満ちた年に生まれているから、というのはあくまでも後付けであり、本当は流行に乗ってCRISPR-Cas9をもじっただけである。

④生物学への挑戦

生物学を将来専攻したいが、あいにく私は今、前期教養課程にいる。前期教養課程というものは他大の人に説明するのが難しいor面倒であるので私は嫌いである(ではなぜ東大に来たんだと言われそうである)。ともかく生物学徒一歩手前である。私はそのために基本的な生物学の本をとにかく学んだり物理や化学などの勉強をやったりするなど修行中の段階にある。挑戦にはそのニュアンスを含む。

余談だが、東京理科大応用数学科に進んだ人に(入ったばかりの頃に)、「応用数学科って何勉強するの?」って聞いたところ「わからない」と返った。そして、「1年後期に『応用数学入門』という授業がある。よってまだ入門すらしていない」と。

⑤S.A.B.

この意味は秘密であるが、普通(「英大文字」+ピリオド)×3が意味するものは明らかであろう。日本では (「英大文字」+ピリオド) ×2である方が普通であるが。